WordPress 5.0 新エディタ登場 その名もGutenberg(グーテンベルク)

前置きですが、今日は珍しくちょっとだけ専門的な内容で、やや長くなります。WordPress に興味がない方は読み飛ばして下さい。

12月6日ついにWordPress の最新バージョン5.0がリリースされました。その後も細かいマイナーバージョンアップが続いています。

(このウェブサイトも最新バージョンのWordPress で動いています。)

5.0 では、投稿や固定ページの編集画面と編集のしくみ(=エディタ)が「Gutenberg(グーテンベルク)」というまったく新しい方式に変わります。「ブロック」という概念が導入されたことが最大の変化です。

(この投稿もGutenberg エディタで作成されています。 )

今までのWordPress では、投稿や固定ページを編集する際に「タイトル」と「本文」の2つの要素しかなく、とてもシンプルでした。しかし、5.0からは「本文」の中身が「ブロック」という、より細かい要素で構成されることになります。

本文の中で、「ブロック」をドラッグ・アンド・ドロップで移動させて順番を変更したり、 クリックやタップによるメニュー選択によってレイアウトを一度に指定することが可能になりました。そのため、HTMLが分からなくても、おおまかな編集作業はより直感的にしやすくなったと思います。ただし、ブロック内の文字を細かく操作・編集することはしづらくなくなっています。 また、ブロック内にHTMLコードを書いている場合はコードが消されてしまうのだそうで、その場合は多大な影響が及びます。

今までの編集方法に慣れている方や、文章を自由気まま書きたい方、文字ごとにレイアウトを細かく変えたい方、そしてHTMLを書いている方なら、旧バージョンのエディタを使われる方がよさそうです。旧エディタを使うための機能拡張プラグインがあるので、しばらくは問題ないでしょう(サポート期間は 2021年までだとか )。

その他の機能拡張プラグインは全般的に、5.0 にまだ対応できていないケースも多々あるようです。対応せずに更新が止まるプラグインも出てくるでしょう。新エディタに切り替える場合は、ユーザーへの講習やページの作り直しが必要な場合もあり、バージョンアップのタイミングには今までにない総合的な判断が求められます。

WordPress の進化は凄まじく、5.0で初期のものとは完全に別ものになった印象です。ユーザにとって使いやすいCMSとして多くの方にご紹介し、これまで長い付き合いをしてきましたが、作り直しの手間暇を考えると、WordPressを使い続けることがベターなのか?それ自体の判断も迫られているのかもしれません。

※言わずもがなですが、 グーテンベルクとは世界三大発明のひとつ「活版印刷」を考案したドイツ人の名前から付けられています。

新エディタの「ブロック」とは、活版印刷において活字を集めて固めた「版」のように、文字や図版をひとつのまとまりとして 一度に動かしたり変更する概念だと考えればよいかもしれません

※ウェブサイト作成サービス「Jimdo」もお使いの方なら、Jimdo の「コンテンツ」に相当するものが「ブロック」だと考えればわかりやすいと思います。操作感も似ています。とはいえ、WordPress とJimdoの両方を使っている人は少数派でしょうが。

「ビーン・トゥー・バー(=カカオ豆から板チョコまで)」というよりも「フォレスト・トゥ・バー(森の再生から板チョコまで)」の凄いチョコレート!

株式会社ウインドファームさんのウェブショップで、エクアドル・マシュピ農園のフェアトレード・オーガニックチョコレートが今年初めて発売されました。

森を買い取り再生するところから始めて、森林農法でカカオ栽培を行い、チョコレートの製造まで一貫して行っているという、想像を絶するエコロジカルな農園のチョコレートです。

マシュピ農園の物語とチョコレートについてはこちらをご覧ください。

マシュピ農園の森林農法フェアトレード・オーガニックチョコレート

桂福点さんのコラムが現代書館「季刊 福祉労働」161号に掲載されました。

現代書館から出版されている「季刊 福祉労働」161号 特集「『感動ポルノ』障害者は健常者に感動を与える存在」に、コラム「言葉のいと」と題して、桂福点さんの文章が掲載されました。

桂福点公式うぇぶさいとはこちら
https://fukuten.info/

現代書館「季刊 福祉労働」161号

「感動ポルノ」とは、なかなかインパクトのある言葉です。それについて思いを巡らされた福点さんの蘊蓄あるコラムをぜひご一読ください。

現代書館の刊行物紹介ページはこちらからご覧いただけます。

(文字校正のお手伝いさせて頂きました)

桂福点さん講演「出会いは心の光」@上智大学 大阪サテライトキャンパス

上智大学 大阪サテライトキャンパスで行われた2018年度秋期グリーフケア公開講座はそうそうたる講演者の顔ぶれの中、第7回目の桂福点さんの講演「出会いは心の光」にスタッフとして参加させて頂きました。

桂福点公式うぇぶさいとはこちら
https://fukuten.info/

受講者のみなさんは笑って泣いて体験して、盛り沢山な内容で大盛り上がりでした。私は視覚障害体験の際に、アイマスクをした受講者さんにお箸で指をつまみあげられるという人生初の体験をしました。自分がウインナーかソーセージになった気分でした(笑)。福点さん、相変わらず素晴らしい講演ありがとうございました。お疲れ様でした。

視覚に障がいがある方たちのICT活用について講習

ウェブサイトを作る立場から、京都テルサで行われた視覚障がい者サポート体験研修にてお話しさせて頂きました。

ウェブのアクセシビリティに関する簡単な歴史と、私がふだん行っている工夫も交えつつ、実際に視覚障がい者の方たちと出会って教わったことや一緒に学んだこと、そして私が実践しながら研究していることなどをお話しさせて頂きました。また、スライド投影の他に、スマートフォンやスマートスピーカーを持ち込んで動かして、受講者の皆さんに実際に見て体験していただいた講習でした。

iPad とスマートスピーカーの写真(視覚に障害がある人のICT活用事例】

研修は、みえない・みえにくい方を総合的にサポートされている株式会社ぽりにさんの主催でおこなわれました。

ぽりにさんでは、視覚障がい者のためのガイドヘルパー(同行援護従業者)養成研修も実施されています。ご興味のある方はぜひ受講してみて下さい。

今年もウインドファームさんのウェブショップでオーガニックチョコレートの販売が始まりました。

あたたかいコーヒーが何より美味しい季節になりました。コーヒーのお供には、なんといってもチョコレート。オーガニックでフェアトレードならなお美味しい。
今年もウインドファームさんのウェブショップで冬限定のオーガニックチョコレートの販売が始まりました。ご購入はこちらからどうぞ。

有機コーヒーのウインドファーム様ウェブショップ オーガニックチョコレートバナー

夏の高野山

毎日新聞社主催の子ども高野山大学の一環として、昨日・一昨日と桂福点さんの子ども向け講演と落語、そしてアイマスクをした歩行体験や視覚障がい者ガイドヘルパー体験などが行われました。

私も取材と打合せを兼ねてスタッフとして参加し、お子さんたちと同じくらい楽しい体験をさせて頂きました。貴重な機会をありがとうございました。

その模様が毎日新聞和歌山地方版に掲載されています。
https://mainichi.jp/articles/20180728/ddl/k30/040/402000c

桂福点さん 公式うぇぶさいとはこちら。
https://fukuten.info

落語家 桂福点さんの新公式ウェブサイトがリニューアルオープン!

落語家 桂福点さんの新公式ウェブサイトを制作させていただきました。
https://fukuten.info/

桂福点さん公式うぇぶさいとのキャプチャ画像

文字の拡大縮小、白黒反転などの機能付き。文字は大きめで色のコントラストは強めです。

最近はNHKのパラリンピック特番や副音声実況、「バリバラ」レギュラー出演など多方面で大活躍の福点さん。更新がしやすい仕組みのホームページを作りましたので、今後の出演予定や落語会情報、レポート等が刻々とアップされる予定です。みなさまお楽しみに♪

制作協力は株式会社ぽりに様
https://porini.co.jp/
みえない、みえにくい方を総合的にサポートされています

Yin-yang Flower Cafe さんのホームページがリニューアル

西明石に移転された、元スロービジネススクール仲間でオーガニック&ベジタリアンのYin-yang Flower Cafe さんのホームページが復活・リニューアルオープンしました。
https://yin-yang-flower.com/

お近くの方も、遠くの方も、ソウルフルで身体に沁みるあっこさんの美味しいご飯を食べに、移転後のお店へぜひ足をお運び下さい。

インヤンフラワー・カフェ
インヤンフラワー・カフェ

(ウェブサイトとショップカードはワクワク・クリエイションが制作させて頂きました。simple is best, または less is more なウェブサイトです。)

(英語版に切り替えができます。)