ナットウの日スペシャルキャンペーンで、森林農法ドリップバッグコーヒープレゼント!

7月10日は、「ナットウの日」なのだそうです。

そう言われてみれば、ナルホド!ナットク!!納豆食う(?!)ですね。

SONOMONO 様の公式サイトにて、ナットウの日スペシャルキャンペーンとして、7月限定でウインドファームの有機栽培・森林農法カフェインレスドリップバッグコーヒーがプレゼントされるそうです!下記よりぜひご覧ください。

Windfarm有機栽培カフェインレスコーヒーが、もれなく付いてくる!

出典:https://sonomono.jp/campaign/nattofestival2021/

京都の町家カフェと社会福祉法人様のウェブサイト

2年前のうららかな春の日に、京都の街なかにある町家カフェ「ジョイント・ほっと」さんを訪れて、美味しいランチをいただきました。カフェで対応してくださった優しいスタッフさんがホームページのご担当で、ちょうどリニューアルをお考えとのことでした。

その後、多忙や世の中の大きな変化で中断を挟みつつ、スローな進行を重ねて、今初秋にWordPress を利用したウェブサイトの公開に至りました。

情報公開やカフェの日替わりメニューのお知らせなど、日常的な情報発信がしやすいように、公開後の使い勝手についてもご相談しながら進めさせて頂きました。また、WordPress のブロックエディタにも対応しています。

この後も、手に馴染むシンプルな道具のように、ウェブサイトを使い込んでいただけたらと思います。

また美味しいランチを頂きに、木の空間でほっとする時間を楽しみに、伺いたいと思います。

(社会福祉法人「てりてりかんぱにぃ」様/町家カフェ「ジョイント・ほっと」様ウェブサイトは下記リンクよりご覧ください)

ナマケモノのカフェインレスコーヒーがデビューしました!

スローライフという言葉と概念を日本に広めたナマケモノ倶楽部から、カフェインレスコーヒーが発売されました。焙煎はスロー社。あの辻信一さんがテイスティングされたオリジナルの焙煎です。

http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=151616867

コーヒーの袋の横に、カップに入ったコーヒー、その下にコーヒー豆が散りばめられている様子
写真はナマケモノ倶楽部ウェブショップより

このラベルで、ナマケモノ以外の絵と、ラベルデザインを担当させていただきました。南米の森を表現するのが難しくて何度も描き直しました。進行もスローになりましたが、奥深いジャングルの湿気と植物の清々しさ、そして生物多様性のある豊かな森を少しでも感じていただけたら幸いです。

デビュー記念価格として、2020年9月まで、希望小売価格1100円(税別)のところを1000円で購入できるそうです。

南米ホンジュラスで育てられたフルーティーなカフェインレスコーヒーをぜひお楽しみください♪

ダルゴナコーヒーの作り方を撮影しました。

最近、巷で流行りの「ダルゴナコーヒー」。その作り方を写真撮影しました。

詳しくはフェアトレード・オーガニックコーヒーのウインドファームさんウェブショップのアイスコーヒー特集でご覧いただけます。
https://www.organic-coffee.jp/shopbrand/icedcoffee

(バナー制作と、作り方の写真撮影は、ワクワク・クリエイションが担当させて頂きました)

カフェスローのウェブショップでドリップバッグコーヒーが販売されています

憧れのオーガニックカフェ「カフェスロー」(東京・国分寺)のウェブショップを久しぶりに覗きましたら、ワクワク・クリエイションがデザインさせて頂いた、ドリップバッグコーヒーもセットの中に含まれて販売されていました。

オーガニックなギフトは父の日のプレゼントにもピッタリですね。

ぜひご覧・ご利用ください。

カフェスローのウェブショップのギフト商品の数々

Kansai WordPress Meetup Kobe #19 に参加しました

いつも充実のテーマで開催されている、神戸のWordPress MeetUp(勉強会&交流会)。しかしながら、同じ関西でも神戸は遠いので、今まで一度も参加できませんでした。オンラインで開催してくれればいいのになぁ・・・と思っていたところ、コロナの影響で思いがけず願いが叶い、今回初参加できました。

Meet Up のイベントバナー画像

今日のテーマは、まさに私が情報を得たかった内容。
「ブロックエディタに慣れとう?慣れようよ。」(※一部、神戸弁です。)

今まで、WordPress の投稿や固定ページを編集する際に、古いエディタ(=クラシックエディタ)を使ってきた人たちが、新しいエディタ(=ブロックエディタ)に慣れて移行するきっかけを作ってくれそうな、ありがたいテーマです。自分の覚書としても、久しぶりに書くことにします。

イベントはZOOM で開催され、概要説明後、各自の自己紹介と質問コーナーがあり、私も緊張しつつ2点ほど質問させていただきました。イベントの最後にはスペシャリストさんによる怒涛のブロックエディタ機能紹介コーナーがあり、ZOOM画面のあちこちから驚きや感嘆の声が上がって大満足の後、お開きとなりました。また、あちこちから参加者の突っ込みが非常に多くて、「さすが関西やなぁ~」と、おかしいやら感心するやらでした。

今回のMeetUp を通じて改めて感じたことは、以前にも書いていましたが、「WordPress がJimdo に近づいた」ということ。

と言ってもJimdo をお使いではない方には意味が分からないと思うのですが(汗)。要するに、WordPress でも「ブロックエディタ」の種類と設定さえ覚えてしまえば、HTMLやCSSのコードを一切書くことなく、思い通りにレイアウトから外部メディアの埋め込みまで、自由自在にコンテンツを盛り込むことができるということです。今までWordPress は、文章や画像を入れる以外の複雑なことを実現するには、やっぱりコードを書かなければならない場合が多かったのですが、それがJimdo のように初心者でも直感的に、そしてもっと柔軟に行えるようになったと思いました。

(現在、WordPress のクラシックエディタ+「TinyMCE Advanced」プラグインで実現しているような編集を、さらに圧倒的な種類の豊富さと設定の細やかさで、コンテンツごとに設定し載せることができます。)

もちろん、ブロックエディタの種類はなかなか膨大ですので、すべてとは言わないまでも、その大半を覚えて使いこなすには、それなりに時間がかかりそうです。それでも、いい時代になったなあとしみじみ思います。知識や技術がなくても「発信したい何か」があれば、種々盛りだくさんのコンテンツを、かなり思い通りに発信できるようになりました。

最後に課題となるのは、やはりWordPress の定期的なメンテナンスでしょうか。最初にブロックエディタが提供された頃から比べても、現在に至るまでに細々とした改良が積み重ねられており、ブロックエディタ以前のWordPress とはまったく別物になったと言えます。これからもますますアップグレードされ続けて、十数年前に私が触り始めた頃とはまったく異次元の高度なCMSになっていくのでしょうね。セキュリティーのこともありますし、負担にならない範囲でタイミングよくメンテナンスを行っていくことが、運用にあたって大切だなと思います。

(※WordPress コアを自動でメンテナンスしてくれるサービスも紹介されていました。ただし、プラグインやテーマのアップグレードは自身で行うそうです。また独自ドメインを利用する場合は有料とのこと。微妙ですね。)

WordPress がいずれブロックエディタへ完全移行するのは必然的な流れで時間の問題といえます。当面はプラグインを利用してブロックエディタを無効にし、クラシックエディタを使い続けられるとは思いますが、これまでクラシックエディタに慣れてきたクライアントさんにも、いずれはブロックエディタに慣れてもらって、移行する時が来るでしょうか。そのタイミングはいつがよいのやら。また悩みが一つ増えますが、クライアントさんのご負担にならない範囲で、これからご一緒に考えていかねばと思いました。

さくらインターネット本社で開催のWordPress MeetUp に参加しました

本日はグランフロント大阪にあるさくらインターネット本社で行われたWordPress の体験会 に参加してきました。

内容的には既知の事柄が多かったですが、WordPress を使いやすくするために、各レンタルサーバー会社がどういう対応をされているかなど、最新の動向が知れて大変貴重な機会でした。

個人的には、さくらインターネットの「バックアップ&ステージング」で導入されている「SnauUp 」が、WordPress をサブディレクトリにインストールしている場合に、WordPress サイトとして認識してくれない件にちょっとした衝撃を受けました。

以前は、さくらインターネットはサブディレクトリへのインストールが推奨だったのですが、つい今春に、ルートディレクトリへのインストールが推奨になったのだとか。以前のままの設定だと、ステージングサーバは部分的にしか利用できないとのことでした(MySQLやPHPのバージョンが選べない)。もちろん、単純にバックアップを取るだけが目的なら問題はないようです。

オーガナイザーさんのお話の中で、WordPressもプラグインもPHPも「最新が最高である(最強である?)」という言葉が強く残りました。私もクライアントさんのウェブサイトを最新に保ち続ける為にあくせくし続けている所です。

ふだんウェブサイトを作っている裏側の人の存在や働きぶりは可視化されず、誰がいつ何をやっているのかさっぱり分からないことと思います。今日のMeetUpでは、自分以外にもそんな裏側の人々にたくさん出会えて、顔が見れて、存在が感じられて、ホッとしたというか、心強く感じられて嬉しかったです。

ルビ振りタグと音声読み上げのアクセシビリティ両立について

今年の夏も、毎日新聞社主催「こども高野山夏季大学」が開催されます。
落語家・桂福点さんの講演や落語 、体験教室もあります。

新聞記事の画像 毎日新聞社主催「こども高野山夏季大学」

桂福点さん公式ウェブサイトの記事はこちら

お子さんが福点さんのウェブサイトを見る機会が増えるかも?と思い、プロフィールのページにふりがなを追加することを検討しました。読むのが難しい落語家さんのお名前などがありますので。

簡単な方法では、漢字の直後に()を入れて、その中にルビを振る方法がありますが、今回はパッと見てふりがなだとわかりやすいように、HTMLでルビを振る専用のタグを使用することにしました。 すると、 大抵のウェブブラウザでは漢字の上にふりがなが小さく表示されます。 下記に例をひとつ。

かつら 福点ふくてん

しかしながら、ここでアクセシビリティの衝突が起こります。

目で見る方にとってはこれで解決ですが、見えない・見えにくい方が音声読み上げソフト等を使うと、ふりがなと漢字の両方が読み上げられてしまう現象が起こります。重複して煩わしいと思いますし、ふりがなと漢字が異なって読み上げられる場合もあるので混乱を招くかもしれません。また、送り仮名を抜いてルビを振ると、漢字の読み上げの区切りがおかしくなります。 せっかくのルビ振りタグなのに、いろいろと残念な現状です。
(最新のNVDA、iOSのVoiceOver、Android OS のTalkBack で確認)

単純に、ルビだけを読み上げて漢字は自動的にスキップするなど、 音声読み上げソフトやモバイルOSがルビ振りタグに対応してくれたら、それだけで、ルビと音声のアクセシビリティが両立されたウェブサイトが実現できると思うのですが、いかがでしょうか。もしも開発者さんがこの記事をご覧になっていたら・・・ぜひお願いします。

そんなわけで当面は、特に読みにくい固有名詞や地名、専門用語に最低限のルビを振るに留めておこうと思うのですが、もっと適当な策があればぜひご教示ください。なお、すべてルビを振った状態でご覧になるには、ひらひらのめがねさんなどのサービスをご利用頂けます(ログインしなくても利用できます)。ただし自動で付けられるルビには間違いも多々ありますのでご注意ください(そのためもあって、間違えられやすい固有名詞等にルビを振っています)。

それはさておき、福点さんの落語は例年お子さんたちに大・大・人気です。身をよじって爆笑するお子さん続出です。また、体験教室では見えない福点さんならではの視点を取り入れた、五感を駆使するとってもオモロイ体験が味わえます。ぜひ毎日新聞社さんの募集ページをご覧下さい。

2019年2月17日(日)NHK Eテレ「バリバラ」にて「テレビのバリアフリー(1)」アンコール放送!

あす2019年2月17日(日)夜7時から、NHK Eテレ「バリバラ」で桂福点さんご出演「テレビのバリアフリー(1)」アンコール放送があります!

パラリンピックのバリアフリー放送に向けたテレビの現場の取り組みをぜひご覧ください。

NHK「バリバラ」次回の放送 紹介画面

※ 再放送は、 2月22日(金)0:00から(木曜深夜)

出典:http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/index.html

桂福点 公式うぇぶさいと
https://fukuten.info/

倫理的で道徳的なバレンタインデーギフト!?

バナー画像 ハッピー・エシカル・バレンタイン

今年、フェアトレード・オーガニックコーヒーのウインドファームさんでは、「エシカル・バレンタイン」を提案されています。

「エシカル」には「倫理的・道徳上」という意味があり、ウインドファームさんが長年取り組んでこられた「フェアトレード」と繋がりの深い考え方です。

カカオの生産現場ではエシカルとは真逆のことが起きている場合があります。例えば児童労働。

「学校に行ったことのない子どもたちが一生懸命カカオを栽培しているのを想像して、バレンタインというイベントに疑問を抱いた、という方に会ったことがあります。誰かの苦しさの上にある楽しみだったとしたら、受け入れ難い・・・。 」(メールマガジンより)

そこで、ウインドファームさんのウェブショップでは、フェアトレードのコーヒーとチョコレートをセットにした 「エシカル バレンタイン 〜 誰もがハッピーになるギフト 〜 」も発売されています。

バレンタインデーが、 贈る方・贈られる方 ・つくる方、みんなで幸せをシェアできる機会になればいいですね♪